遮熱塗料

ATTU9(アッツナイン)

用途 :

●節電・熱中症対策をお考えの方
●工場、プラント、住宅、ビルディング、倉庫など遮熱塗料をお考えの方。

ポイント :

●優れた遮熱性
●長期耐候性により、塗り替え回数が削減
●防汚性
●熱量計算によるシュミレーションと温度測定

メーカー名 :
日本ペイント

優れた遮熱効果を発揮します

遮熱塗料・ATTU9

ATTU9はさまざまな構造物に優れた遮熱効果を発揮する塗料です。
塗料に含まれる遮熱顔料により、太陽エネルギーの50%を占める赤外線を効率よく反射させることができます。

遮熱塗料ATTU9の原理

用途

工場、プラント、住宅、ビルディング、倉庫、保冷庫、体育館、仮設住宅、車両、物置・配電盤、牛舎・豚舎・鶏舎などさまざまな構造物に使用できます。実際にアサヒビールの工場や国立代々木場第一体育館に使用されています。(歩道や駐車場、広場などの路面用にはATTSU・9ロードがあります)

特徴

■優れた遮熱性

1)省エネ・CO2削減を実現。夏場の空調負荷を低減、電力量やコストが減るため、発電時のCO2排出量が削減します。

2)熱環境の改善に。空調のない建物の熱環境を緩和します。

3)ヒートアイランド対策にも。建物への熱の蓄積を抑え、夜間の大気への放熱を緩和します。

4)基材の伸び率の低減。熱膨張による伸び、反りを抑え、伸縮シーリング部の劣化を抑制します。

■長期耐候性により、塗り替え回数が削減。

フッ素樹脂塗料の使用により、塗膜の耐久性を高め、遮熱性を長期間にわたり維持します。塗り替え時期が伸びるのでコストが削減できます。

■防汚性

水に濡れやすい塗膜(親水性膜)のため、ホコリ・粉塵の固着を防ぎ、塗膜の遮熱性能を最大限に発揮します。(※親水性が高いと汚れが流れ落ちやすくなります)

■熱量計算によるシュミレーションと温度測定

ATTU・9塗装実施後の測定効果の提示、及び塗装後の温度低減効果の報告をいたします。

■責任施工による安心感

塗膜の機能を最大限に生かす塗装管理を実施いたします。

商品体系と設計価格

推奨商品と環境配慮型とコスト重視型の3タイプがあります。

ATTU9・4F ATTU9・F ATTU9・Si
タイプ 溶剤型フッ素樹脂
(4フッ化フッ素樹脂)
水性フッ素樹脂 溶剤型シリコン・アクリル樹脂
期待耐用年数 15〜20年 15〜20年 7〜10年
特徴 ●耐久性良好
●汚染性良好
●耐久性良好
●環境面配慮
フッ素に比べコスト安
短所 塗装工事の臭気 冬及び雨季時期の乾燥性 フッ素に比べ耐久性が落ちる
塗装コート仕様 3コート 3コート 3コート
材工価格 4,500円/m2 5,200円/m2 3,800円/m2