窒素ガス発生装置:静音型

MNT-SI

静かさを1番に考えたい! 騒音値、49db達成!

用途 :

●長時間にわたって窒素ガスを使用する方
●ガスコストを少しでも下げたい方
●静音型をお探しの方

ポイント :

●騒音値、49db達成!!

メーカー名 :
コフロック

窒素ガスは、様々な市場で使用されています。

食品市場 電機・電子市場
*酸化防止
*風味保持
*鮮度保持
*防虫
*菌の増殖防止
*ハンダ付けリフロー炉の雰囲気ガス
自動車市場 金属・樹脂市場
【タイヤ充填向け】
*エア漏れ防止
*圧力変動防止
*ロードノイズ低減
*酸化防止
*熱処理
*雰囲気の保持
*冷却
機械市場 化学市場 その他市場
*酸化防止
*変質変色防止
*休止中のタンク封入
*変質防止
*防爆
*圧送
*装置雰囲気ガス

余ったコンプレッサーを窒素ガスに使いませんか?

お任せ下さい

余ったコンプレッサーがある場合、窒素ガス発生装置に使いませんか?
今、窒素は「買う」より「作る」方がとってもお得なんです。
また、窒素発生装置は、ボンベに変わる窒素ガス供給機器として注目されています。
気になるコスト面は、下記の表が示すように、とっても安価。安さの理由は、電気代と空気が原料だから。空気は”ただ”ですから、実質電気代のみとなります。

■窒素ガスコストの比較例 (※データは試算例です)

条件 単価/m3
窒素ガス発生装置(99%) 7.5円
窒素ガス発生装置(99.9%) 11.2円
窒素ガス発生装置(99.99%) 16.7円
窒素ボンベ 350円
液体窒素(タンク購入) 180円
液体窒素(大量購入) 60円

〜ガスボンベ・液体窒素の条件〜
①窒素ガスボンベ使用時は単価平均350(円/m3)。②液体窒素(タンク購入)使用時は単価平均180(円/m3)。③液体窒素(タンクローリー搬入による大量購入)使用時は単価平均60(円/m3)。※上記単価は、一般の販売価格を基に設定しております。


まずはお問合せください。ご相談だけでもOKです。

騒音値49dB達成!静音型 窒素ガス発生装置 MNT-SIシリーズ

1、低騒音設計

コフロック独自の静音技術により装置の運転音を従来機に比べ約20%低減しました。

2、濃度切替機能

スイッチを押す事で99%、99.9%、99.99%の濃度切替ができ、濃度に応じた流量調節が不要で簡単操作を実現しました。

3、圧力自動運転機能

装置二次側の圧力を検知することにより、効率の良いON/OFF運転を行い、省エネを支援します。

4、メッセージ表示機能

窒素ガス純度や積算運転時間をパネル上に表示します。また、装置に異常が発生した場合、異常内容を操作パネル上にメッセージ表示します。

騒音値

■型式:MNT-0.4SI 仕様表

純度
(%:N2+Ar)
発生量
(NL/min)
吐出圧力
(MPa)
装置寸法W*D*H
(mm)
重量
(kg)
電源
99.99 5.5 0.40 465*490(590)*870 100 単相 AC100V 50/60Hz
99.9 8.5 0.35 同上 同上 同上
99 12.5 0.30 同上 同上 同上

※発生量に関しては、環境温度20℃、60HZでの参考値です。
※寸法は、キャスター寸法を含んでおりません。()内の寸法は、背面排気カバーを含んだ寸法となります。

■型式:MNT-0.8SI 仕様表

純度
(%:N2+Ar)
発生量
(NL/min)
吐出圧力
(MPa)
装置寸法W*D*H
(mm)
重量
(kg)
電源
99.99 11.0 0.40 500*615(715)*990 190 単相 AC100V 50/60Hz
99.9 17.0 0.35 同上 同上 同上
99 26.0 0.30 同上 同上 同上

※発生量に関しては、環境温度20℃、60HZでの参考値です。
※寸法は、キャスター寸法を含んでおりません。()内の寸法は、背面排気カバーを含んだ寸法となります。

■型式:MNT-1.2SI 仕様表

純度
(%:N2+Ar)
発生量
(NL/min)
吐出圧力
(MPa)
装置寸法W*D*H
(mm)
重量
(kg)
電源
99.99 17.0 0.40 550*690(810)*1150 240 単相 AC200V 50/60Hz
99.9 26.0 0.35 同上 同上 同上
99 38.5 0.30 同上 同上 同上

※発生量に関しては、環境温度20℃、60HZでの参考値です。
※寸法は、キャスター寸法を含んでおりません。()内の寸法は、背面排気カバーを含んだ寸法となります。

■型式:MNT-1.6SI 仕様表

純度
(%:N2+Ar)
発生量
(NL/min)
吐出圧力
(MPa)
装置寸法W*D*H
(mm)
重量
(kg)
電源
99.99 22.0 0.40 550*690(810)*1380 280 単相 AC200V 50/60Hz
99.9 34.5 0.35 同上 同上 同上
99 52.0 0.30 同上 同上 同上

※発生量に関しては、環境温度20℃、60HZでの参考値です。
※寸法は、キャスター寸法を含んでおりません。()内の寸法は、背面排気カバーを含んだ寸法となります。

原理

本装置に使用される原理はPSA(Pressure Swing Adsorption)方式で、2塔の吸着タンクの特殊吸着剤(Molecular Sieving Carbon)を使用し、加圧された原料空気から不純物である酸素、水分などを取り除いて窒素ガスを発生する工程(吸着行程)を一定時間ごとに繰り返す事によって、窒素ガスを連続的に製造します。

窒素発生ガスの原理

窒素ガス発生装置 システムフロー

窒素ガス発生装置 システムフロー

窒素ガス分離の原理

窒素ガス分離の原理

まずはお問合せください。ご相談だけでもOKです。