断熱エコカバー

標準品・カスタム品あり

用途 :

成形工場の方で、節電・省エネをお考えの方。

ポイント :

●特殊形状により放熱をカットできます。
●温度の安定化により、品質・良品率が向上、生産性がアップします。
●着脱が簡単です。
●サンプルを装着して、実際にどのくらい省エネできるかテストできます。

メーカー名 :
グンゼエンジニアリング㈱

「断熱エコカバー」は、省エネ効果が高い断熱カバーです。ヒーターへ取り付けるだけの簡単さに加え、費用対効果は約1年間。取り組みやすい省エネ手法として、人気が高まっています。当社では、実際にサンプルを装着し、取り付ける前と取りつけた後で、電流値の測定を行なっております。お客様の省エネ効果がどのくらい出たか、測定データを提出致します。

ヒーター電力を約20〜50%削減

■費用対効果は約1年で回収

■射出成型機10台(型締力265t)取付の場合

条件 省エネ効果(年間)
◎省エネ電力 1.8kw/1台
1.8kw×10台=18kw

◎電気料金 使用料金 単価15円/kwh
◎空調機 成績係数COP≒3
年間3000h稼働
◎CO2排出係数
1kwh=0.357kg-CO2

①ヒーター消費電力の省エネ(ランニングコスト)
18kw×6000h×15円/kwh=1,620千円
②放熱減少による空調電力の減少
18kw÷3×3000h×15円/kwh=270千円
③年間削減の省エネ電力量
18kw×6000h+18kw÷3×3000h=126,000kwh

効果金額 年間合計 1,890千円

年間削減のCO2排出量 44,982 kg-CO2

断熱カバーは、成形工場の問題点も解決します

■一般に工場のエネルギーコストの90%以上は、電気料金

■夏場の電気使用量のピークに年間の基本料金が決まる

■シリンダ等のヒーター部分からの放熱ロスが非常に大きい

■季節、昼夜の外温の変化が良品率に大きく影響を与える

■夏場の工場内の作業環境温度を下げたい

■金属製カバーは着脱が困難でメンテ時間が多くかかる

■新しく断熱カバーを製作・取り付けることが非常に難しい

エコカバーの特徴

■特殊形状により放熱をカット

大きな省エネ効果によりコスト削減につながります

■高断熱素材による温度安定化

品質・良品率が向上し、生産性がアップします

■マジックファスナー使用で着脱が非常に簡単

メンテナンス時間の短縮化につながります

■カバー表面を特殊加工

耐薬品性があり、樹脂や汚れが付着しません

■断熱性能が非常に高い

高温部分での、やけどの危険性を防ぎます

■内面は約1000℃の耐熱材料を使用

高耐熱、高耐久です(ISO1182に規定する不燃性試験合格)

■プラスチック機械への専門開発デザイン

導入・取付が非常に簡単です

■ムダな放熱を抑える

作業環境温度が低下し、空調の省エネ化につながります

■内面が電気絶縁性である

電気ヒーター表面への直接カバーが可能です

ヒーターの電力削減なら断熱エコカバー ヒーターの電力削減なら断熱エコカバー ヒーターの電力削減なら断熱エコカバー
断熱エコカバー 隙間なく連続して取り付き、放熱ロスが少ない。
カバー着脱が、非常に簡単で早い。
表面に樹脂が付着しません。
断熱エコカバー・成形機の問題も解決 ヒーターの電力削減なら断熱エコカバー
万一のやけどの危険を防止 干渉物も問題なくカバー可能