コンプレッサー・圧縮空気ブログ 

【メディア掲載情報】物流支援ロボット「CarriRo®(キャリロ)」が テレビ東京「WBS」にて紹介されます

本日8/27(木) 23時からのテレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」にて
弊社の物流支援ロボット CarriRo(キャリロ)が紹介されます。
※予定が変更になる可能性があります。

▼番組HP
https://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

​​​​​​​【物流支援ロボットCarriRo®】

物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPが開発に取り組む自動タクシー®のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計200ユーザー以上の導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。

​​​​​​​製品Web URL  https://www.sanei-sho.com/product/6140.html

製品紹介動画 https://youtu.be/JlclILM6cmw​​​​​​​

【製品価格】
CarriRo® FD(追従モデル): 5年リース 月額34,000円(税別)/1台
CarriRo® AD(自律モデル): 5年リース 月額52,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD(外部入出力機能搭載モデル): 5年リース 月額58,000円(税別) / 1台
CarriRo® AD+ (台車タイプ): 5年リース 月額73,000円(税別) / 1台
(パレット積載タイプ): 5年リース 月額82,000円(税別) / 1台

【主な仕様】

本体重量
55kg
大きさ

幅61cm×奥行91cm×高さ24cm

※ハンドル部96cm

最大積載荷重

FD・AD:150kg

AD+:200kg

最大速度

時速6km(ドライブ、追従モード)

時速3km(自律移動モード)

牽引力

FD・AD:250N (300kg相当)

AD+:600kg相当

※路面状況や台車の状況によります。

充電時間
2時間半
稼働時間

8時間

※稼働状況によって異なる可能性があります

2020年8月28日 | | トラックバックURL | コメント(0)

あらゆる物流現場の搬送を無人化する、CarriRo®ソリューション

-台車型ロボ、無人フォークリフト、無人けん引車を共通のプラットフォームで提供-​​​​​​​

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、あらゆる物流現場の搬送を無人化する、をコンセプトに、台車型ロボット、無人フォークリフト、無人けん引車まで幅広い無人化ソリューションをワンストップで提供します。

クラウドプラットフォームROBO-HI®ロジマネを活用したCarriRo®ソリューション

従来、自動搬送ロボットは、一般的に物流現場の特定の搬送シーンに特化して開発、販売されることが多く、導入企業はそれぞれに適した製品とその製造メーカーを選定し、導入検討を行う必要があります。その方法では、物流現場全体を無人化するために非常に多くの労力とコストが掛かるとともに、想定した運用を実現するためのノウハウや経験値が求められます。また最近では、個々の自動搬送ロボットを連携して業務の最適化を図る事例も増えており、そのような場合に、異なる製造メーカー間の製品の連携では、その開発は長期化しコストも多額となる傾向があります。

そのような課題を解決するため、CarriRoの無人化ソリューションでは、個々の製品の汎用性を最大限まで高めるとともに、台車型ロボット、無人フォークリフト、無人けん引車と幅広い製品ラインナップをワンストップで提供することにより、あらゆる物流現場における搬送シーンの省人化、無人化をCarriRoのソリューションのみで適用することができます。その結果、全体の業務を無人化するための導入検討に要する期間と費用を大幅に圧縮することが可能となります。

また、各製品群は共通のクラウドプラットフォームであるROBO-HI(ロボハイ)ロジマネによって、統合制御され、全体の運用の可視化、そして相互の協調動作もスムーズかつコストを抑えて導入が可能となっております。

全製品ラインナップは、ショールーム「CarriRoイノベーションセンター」にて実機をご覧頂くことが可能です。

CarriRoシリーズ、各製品群の特徴

【CarriRoイノベーションセンターについて】

同センターは、2020年6月より物流無人化ソリューションを一同に集めたショールームとして、東京都枝川に開設されました。台車型物流支援ロボット「CarriRo」シリーズ、無人フォークリフト「CarriRo Fork」をはじめ全機種の実機デモを常時実施しています。

アクセス:
東京都江東区枝川3丁目11-10  月島倉庫 (4F)
JR京葉線・武蔵野線「潮見駅」より徒歩約6分
紹介Web URL: https://www.zmp.co.jp/carriro/innovation-center

 

​​​​​​​【物流支援ロボットCarriRo®】

物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPが開発に取り組む自動タクシー®のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計200ユーザー以上の導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。

​​​​​​​製品Web URL  https://www.sanei-sho.com/product/6140.html

製品紹介動画 https://youtu.be/JlclILM6cmw​​​​​​​

【製品価格】
CarriRo® FD(追従モデル): 5年リース 月額34,000円(税別)/1台
CarriRo® AD(自律モデル): 5年リース 月額52,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD(外部入出力機能搭載モデル): 5年リース 月額58,000円(税別) / 1台
CarriRo® AD+ (台車タイプ): 5年リース 月額73,000円(税別) / 1台
(パレット積載タイプ): 5年リース 月額82,000円(税別) / 1台

【主な仕様】

本体重量
55kg
大きさ

幅61cm×奥行91cm×高さ24cm

※ハンドル部96cm

最大積載荷重

FD・AD:150kg

AD+:200kg

最大速度

時速6km(ドライブ、追従モード)

時速3km(自律移動モード)

牽引力

FD・AD:250N (300kg相当)

AD+:600kg相当

※路面状況や台車の状況によります。

充電時間
2時間半
稼働時間

8時間

※稼働状況によって異なる可能性があります

2020年8月28日 | | トラックバックURL | コメント(0)

Withコロナ時代におけるロボット活用情報が満載! ZMP World 2020 (8月18日~20日開催)の講演動画を無料公開

-8月21日~28日限定公開、自動運転・物流ロボの最新の取り組みや企業事例を紹介-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下「ZMP」)は、8月18日~20日に開催したZMP World 2020のセミナーイベントにて実施した講演動画を期間限定で無料公開いたします。

【ZMP World 2020 特設ページ】https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020

ZMP World 2020は、『Robot Life(ロボットライフ)-人とロボットの共生による安全で楽しい生活の創造-』をテーマに掲げ、新コロナ時代における自動運転・物流ロボットの最新の取り組みやサービスの無人化を実現する自動運転技術を活用した新製品の発表等を8月18日(火)~20日(木)においてオンライン形式にて行いました。

本イベントは、新製品発表や講演を時間に沿った形で実施しておりましたが、8月21日~28日の期間専用サイトで予約申込制にて随時閲覧可能なオンデマンド配信をいたします。

セミナーイベントの講演に参加した方からは、
・現状の最先端事例が把握でき、期待が持てました。
・これからの非接触対策をロボットで補うことが実際になされていく様がわかりやすかった。
・ヒトの生活、都市の機能にロボットが入ったらどんなことが起こるか具体的にイメージすることができた。
・実際に活用されている企業様の事例は、とても勉強になりました。

といった声をいただいております。

オンデマンド配信を通じ、セミナーイベントにご参加いただけなかった方や業務により時間の都合がつかず見逃した講演があった方、開催について知らなかった方も自動運転や最新ロボットにご興味のある方は是非、セミナーイベントの講演をご視聴ください。

ZMP World 2020講演動画オンデマンド配信の利用は無料で、本日10時より配信を開始いたします。

【ZMP World 2020 オンデマンド配信 予約申込サイト】
https://v2.nex-pro.com/zmp

【ZMP World 2020 開催概要】
テーマ:『Robot Life(ロボットライフ) -人とロボットの共生による安全で楽しい生活の創造-』

ZMP World 2020 オンデマンド配信講演プログラム
https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020/on-demand-program

ZMP World 2020デモウィーク
開催日時: 2020年8月24日(月)~28日(金) 9:30~17:30
会場:キャリロイノベーションセンター
(〒135-0051 東京都江東区枝川 3 丁目 11-10 月島倉庫 4F) 他
参加費: 無料
イベントページ: https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020/demoweek

【導入事例ページ】https://www.zmp.co.jp/carriro/casestudy/detail_akitaepson
【導入事例動画】https://youtu.be/x6j3_d7jeKE

​​​​​​​【物流支援ロボットCarriRo®】

物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPが開発に取り組む自動タクシー®のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計200ユーザー以上の導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。

​​​​​​​製品Web URL  https://www.sanei-sho.com/product/6140.html

製品紹介動画 https://youtu.be/JlclILM6cmw​​​​​​​

【製品価格】
CarriRo® FD(追従モデル): 5年リース 月額34,000円(税別)/1台
CarriRo® AD(自律モデル): 5年リース 月額52,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD(外部入出力機能搭載モデル): 5年リース 月額58,000円(税別) / 1台
CarriRo® AD+ (台車タイプ): 5年リース 月額73,000円(税別) / 1台
(パレット積載タイプ): 5年リース 月額82,000円(税別) / 1台

【主な仕様】

本体重量
55kg
大きさ

幅61cm×奥行91cm×高さ24cm

※ハンドル部96cm

最大積載荷重

FD・AD:150kg

AD+:200kg

最大速度

時速6km(ドライブ、追従モード)

時速3km(自律移動モード)

牽引力

FD・AD:250N (300kg相当)

AD+:600kg相当

※路面状況や台車の状況によります。

充電時間
2時間半
稼働時間

8時間

※稼働状況によって異なる可能性があります

2020年8月24日 | | トラックバックURL | コメント(0)

物流支援ロボットCarriRo®AD+、セイコーエプソングループで導入

-完全省人化を実現し、工場内の残業抑制及び作業負荷軽減で貢献-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)が販売している物流支援ロボットCarriRo®(キャリロ)AD+(パレット積載タイプ)が、大手精密機器メーカーでセイコーエプソングループの、秋田エプソン株式会社(秋田県湯沢市、代表取締役社長:遠藤 正敏、以下秋田エプソン)において、搬送の自動化・省力化を目的として2020年3月から導入されました。


CarriRo® AD+(パレット積載タイプ)が折り畳みコンテナを搬送している様子

秋田エプソンは、従来までは組立前後の部品や製品を倉庫から製造現場まで人手で搬送を行っていました。往復300m程度のルートで一日最大30回の搬送があり、搬送にかかる工数が通常作業を圧迫してしまい、また重量物のため作業者への負担が大きな課題となっておりました。

CarriRo®導入に当たり、①走行性能、②安全性、③最大600㎏の可搬重量、④ランドマークでのルート設定により、経路やアクションをユーザー側で自由に設定・変更ができる、というCarriRo®の特徴が課題を解決する要件を満たしていたため導入に至りました。

CarriRo® AD+(パレット積載タイプ)1台を導入し、人が運搬している時間が全てCarriRoに置き換わったため、導入箇所の搬送においては完全に省人化を実現しました。搬送時間が削減されたことで残業の削減につながり、他の作業や業務改善をする時間に充てることができるようになりました。また、重量物を搬送する際の作業者にかかる負荷と、狭い通路で人と接触するリスクによる安全性の課題を同時に解決することにつながりました。

今後は導入した結果を社内で共有し、他部署での課題を解決するきっかけとしたいと考えています。同時にCarriRoの稼働率をさらに向上させることで効果を拡大できるようにしていきます、とコメントいただいております。

【導入事例ページ】https://www.zmp.co.jp/carriro/casestudy/detail_akitaepson
【導入事例動画】https://youtu.be/x6j3_d7jeKE

​​​​​​​【物流支援ロボットCarriRo®】

物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPが開発に取り組む自動タクシー®のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計200ユーザー以上の導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。

​​​​​​​
ZMP World 2020デモウィーク
開催日時: 2020 年 8 月 24 日(月)~28 日(金) 9:30~17:30
会場:キャリロイノベーションセンター
(〒135-0051 東京都江東区枝川 3 丁目 11-10 月島倉庫 4F) 他
参加費: 無料
イベントページ: https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020/demoweek

 

製品Web URL  https://www.sanei-sho.com/product/6140.html
製品紹介動画 https://youtu.be/JlclILM6cmw​​​​​​​

【製品価格】
CarriRo® FD(追従モデル): 5年リース 月額34,000円(税別)/1台
CarriRo® AD(自律モデル): 5年リース 月額52,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD(外部入出力機能搭載モデル): 5年リース 月額58,000円(税別) / 1台
CarriRo® AD+ (台車タイプ): 5年リース 月額73,000円(税別) / 1台
(パレット積載タイプ): 5年リース 月額82,000円(税別) / 1台

【主な仕様】

本体重量
55kg
大きさ

幅61cm×奥行91cm×高さ24cm

※ハンドル部96cm

最大積載荷重

FD・AD:150kg

AD+:200kg

最大速度

時速6km(ドライブ、追従モード)

時速3km(自律移動モード)

牽引力

FD・AD:250N (300kg相当)

AD+:600kg相当

※路面状況や台車の状況によります。

充電時間
2時間半
稼働時間

8時間

※稼働状況によって異なる可能性があります

2020年8月24日 | | トラックバックURL | コメント(0)

【川端】「サンドブラスト導入支援」Blog更新しました!

川端スタッフBlog更新しました!

◆スタッフBlog
↓↓↓
https://www.sanei-sho.com/employeeblog/

2020年8月24日 | お知らせ | トラックバックURL | コメント(0)

物流支援ロボットCarriRo®、ZMP World 2020でユーザー企業が講演

-物流現場の課題解決に取り組む4社の導入先企業の取り組み事例を発表-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)が1年に一度開催する、ZMP World 2020においてCarriRo®ユーザー様によるご導入事例をお話しいただく講演枠が決定しましたのでお知らせいたします。

今回、株式会社LIXILビバ(埼玉県さいたま市、代表取締役社長兼CEO:渡邉 修)、 東芝ロジスティクス株式会社(神奈川県川崎市、代表取締役社長:佐藤 広明)、住商グローバル・ロジスティクス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:沖廣 克也)、株式会社ベルメゾンロジスコ(岐阜県可児市、代表取締役社長: 犬山 直輝)の計4社のCarriRoユーザー企業が実際の物流現場における導入の取り組みや導入効果について講演いたします。

各講演は2020 年 8 月 18 日(火)~20 日(木)にオンラインにて開催されるZMP World 2020(セミナーイベント)において発表しますのでぜひご参加ください。

【講演概要】

講演企業: 株式会社LIXILビバ

タイトル
マテハンと人を繋ぐロボットの活用(無人搬送ロボット活用の課題と取り組み)
概要
社内で進めるSCM改革の紹介、人と機械の融合コンセプトに基づく人に頼らない機械化の概要及びCarriRoの活用について紹介する。
日時
8月18日(火)15:30~16:00 申込URL:https://v2.nex-pro.com/campaign/8333/apply
8月20日(木)16:00~16:30 申込URL:https://v2.nex-pro.com/campaign/8508/apply

講演企業:東芝ロジスティクス株式会社

タイトル
東芝ロジスティクスにおける物流支援ロボットCarriRo活用事例紹介
概要
自作の牽引アタッチメントをCarriRoと連携させ、複数の平台車を無人搬送することにより作業時間を削減、今後他エリアへの導入検討について紹介する。
日時
8月19日(水)15:00~15:30 申込URL:https://v2.nex-pro.com/campaign/8341/apply
8月20日(木)17:30~18:00 申込URL:https://v2.nex-pro.com/campaign/8354/apply​​​​​​​

講演企業:住商グローバル・ロジスティクス株式会社&株式会社ベルメゾンロジスコ(合同講演)

タイトル

住商グローバル・ロジスティクス&ベルメゾンロジスコにおける物流支援ロボットCarriRo活用事例紹介

概要
社内で進めるSCM改革の紹介、人と機械の融合コンセプトに基づく人に頼らない機械化の概要及びCarriRoの活用について紹介する。
日時
8月18日(火)16:00~16:30 申込URL:https://v2.nex-pro.com/campaign/11355/apply
8月19日(水)16:30~17:00 申込URL:https://v2.nex-pro.com/campaign/8344/apply

【ZMP World 2020 開催概要】
テーマ:『Robot Life(ロボットライフ) -人とロボットの共生による安全で楽しい生活の創造-』

ZMP World 2020 (セミナーイベント)
開催日時: 2020年8月18日(火)~20日(木)10:00~18:00
参加費:無料
イベントページ:https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020

ZMP World 2020デモウィーク
開催日時: 2020 年 8 月 24 日(月)~28 日(金) 9:30~17:30
会場:キャリロイノベーションセンター
(〒135-0051 東京都江東区枝川 3 丁目 11-10 月島倉庫 4F) 他
参加費: 無料
イベントページ: https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020/demoweek

【物流支援ロボットCarriRo®について】

物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPが開発に取り組む自動タクシー®のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計約200ユーザーの導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。
製品Web URL  https://www.sanei-sho.com/product/6140.html
製品紹介動画 https://youtu.be/JlclILM6cmw​​​​​​​

【製品価格】
CarriRo® FD(追従モデル):5年リース 月額34,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD(自律モデル):5年リース 月額52,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD(外部入出力機能搭載モデル): 5年リース 月額58,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD+ (台車タイプ):5年リース 月額73,000円(税別)/ 1台
(パレット積載タイプ):5年リース 月額82,000円(税別)/ 1台

2020年8月18日 | | トラックバックURL | コメント(0)

データ計測システム「RoboDataLogger」新モデルを年内発売開始

-8月20日(木) ZMP Worldにて製品の詳細をご紹介-​​​​​​​


データ計測システム「RoboDataLogger」とセンサー構成例
※写真右中央がRoboDataLogger本体

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒)は、複数センサーを同時に記録開始できるデータ計測システム「RoboDataLogger(ロボデータロガー)」の新モデルを年内に発売を開始します。

​​​​​​​昨今、ADAS市場の活性化や自動運転技術の開発が進むなか、それらの開発における走行データ取得が非常に重要となってきております。しかし、実際に欲しい走行データを手に入れるためには、車両・センサー調達や、データ計測システムの開発など様々な作業が必要となるため、膨大な工数・期間がかかることが予想されます。

ZMPでは、データ計測システム「RoboDataLogger」を提供して、本来必要となるシステム設計・開発工数の削減をご支援しておりましたが、今年発売の新モデルでは、イグニッション連動での計測開始など、より簡単にご利用いただける新機能の追加を予定しております。

本製品は2020年内での発売を予定しておりますが、製品の機能、価格などの詳細情報につきましては 2020 年 8 月18日~28日にかけて開催される ZMP World 2020の中で発表します。

【新モデル発表 プログラム概要】

発表日時:2020年8月20日(水)16:30~17:00
タイトル:データ分析プラットフォームRobo Data Platform ケーススタディ
走行データ取得ソリューションRoboTestでのRDP活用
講演者:株式会社ZMPロボリューション事業部長 北林 綾子
講演参加申し込みページ:https://v2.nex-pro.com/campaign/8352/apply

【ZMP World 2020 開催概要】
ZMP World 2020 『Robot Life(ロボットライフ)-人とロボットの共生による安全で楽しい生活の創造-』

ZMP World 2020 (セミナーイベント)
開催日時: 2020 年 8 月 18 日(火)~20 日(木) 10:00~18:00
参加費:無料
イベントページ: https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020

ZMP World 2020デモウィーク
開催日時: 2020 年 8 月 24 日(月)~28 日(金) 9:30~17:30
会場:月島倉庫 4F(〒135-0051 東京都江東区枝川 3 丁目 11-10) 他
参加費: 無料
イベントページ: https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020/demoweek

【データ取得ソリューションRoboTest(ロボテスト)について】
ZMPは、自社の自動運転技術開発とテストの経験を活かし、2012年より公道におけるドライバーによる走行時のデータ取得支援サービスを実施しております。走行に必要なドライバー集めや管理を行うだけでなく、走行データ取得に必要なシステム(ロガー)の設計や構築などの上流工程、そして車両の手配と必要な設置・改造、および取得後のデータ処理まで一気通貫実施することで、お客様の手間を大幅に削減できるサービスです。

<RoboTestサービスの内容>
①走行データ取得のコンサルティング
②データ計測システムの開発(ハードウェア、ソフトウェア) ※システムのみの提供も可
③各種センサー、電源装置の車両取付
④ドライバーの募集と管理、データ取得の運用マネジメント
⑤データ後処理(タグ付け、フォーマット変換等お客様要求仕様にあわせて)
⑥取得データの分析と報告
⑦データ分析・解析アプリ(RoboDataPlatform)のご提供

RoboTestの詳細は、以下Webサイトをご覧ください。
https://www.zmp.co.jp/products/robotest

2020年8月18日 | | トラックバックURL | コメント(0)

無人フォークリフトCarriRo® Fork、 パレット認識機能「Fork Eye」搭載

-8月19日、ZMP World 2020にて製品発表、デモンストレーション実施-


新機能Fork Eyeはパレットを認識し、それに合わせた動作を実施

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、無人フォークリフトCarriRo® Forkに、パレット認識のための新機能Fork Eye(フォークアイ)を搭載します。

従来、無人フォークリフトで積み下ろしを行うパレットは、設定された位置に対して一定の範囲内にパレットが配置される必要があります。物流の現場においては、人が操作するフォークリフトと共同でパレットを搬送する場合や、設備・機器側と連携してパレットを積み下ろしする際に、パレットの位置が設定された位置からずれてしまう場合があります。

そこで、パレット認識のための機能Fork EyeをCarriRo Forkに搭載することにより、上下左右方向のパレットの位置ずれをセンサーにより検知し、柔軟に軌道を修正することで、位置ずれに対応した無人でのパレットの積み下ろしが行えます。

具体的には、有人フォークリフトとの共同作業や、トラックからの自動パレット積み下ろしなどこれまで無人フォークリフトの活用が難しかったシーンでの活用が可能となります。

製品の機能、価格、出荷時期などの詳細情報、及び実機デモンストレーションにつきましては 2020 年 8 月18日~20日にかけて開催される ZMP World 2020の中で、8月19日午前10時45分の枠で発表いたします。

【新製品発表 概要】
発表日時:2020年8月19日(水)10:45~11:30
タイトル:無人フォークリフトCarriRo Fork パレットを認識する新機能『Fork Eye(フォークアイ)』
講演者:株式会社ZMP CarriRo事業部長 笠置 泰孝
講演参加申し込みページ:https://v2.nex-pro.com/campaign/8324/apply

【ZMP World 2020 開催概要】
ZMP World 2020 『Robot Life(ロボットライフ)-人とロボットの共生による安全で楽しい生活の創造-』

ZMP World 2020 (セミナーイベント)
開催日時: 2020 年 8 月 18 日(火)~20 日(木) 10:00~18:00
参加費:無料
イベントページ: https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020

ZMP World 2020デモウィーク
開催日時: 2020 年 8 月 24 日(月)~28 日(金) 9:30~17:00
会場:キャリロイノベーションセンター
(〒135-0051 東京都江東区枝川 3 丁目 11-10 月島倉庫 4F) 他
参加費: 無料
イベントページ: https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020/demoweek

【無人フォークリフトCarriRo Forkについて】
無人フォークリフトCarriRo Forkは、ZMPの自動運転技術を活用した自律移動とフォークの自動制御により、物流倉庫や工場内の搬送作業の無人化に貢献する製品です。簡単なセットアップで作業エリアの事前マッピングから運用開始まで数日で実現できることが特徴で、喫緊の課題となっている労働力不足を軽減し、社会課題の解決に貢献します。
【製品Web URL】https://www.sanei-sho.com/product/7424.html

【CarriRo Fork価格】
CarriRo Fork(リーチタイプ):5年リース料金 (本体価格) :月額33.8万円 (税抜) / 1台
※買取も可能です。また価格は今後予告なく変更となる可能性があります。

【主な製品仕様】

本体寸法

全長2307×全幅1380×全高2750 (mm)

フォークリフトタイプ
リーチ
可搬重量
~1400kg
最高速度

無積載時4.2km/h, 積載時3.6km/h

移動精度/停止精度
±20mm/±20mm
車両重量
2975kg
安全機能
レーザーセンサー、バンパーセンサー、緊急停止ボタン

2020年8月18日 | | トラックバックURL | コメント(0)

台車型物流ロボットCarriRo®、新機能「Hybrid SLAM」を搭載

-8月19日のZMP Worldにおいて発表、デモ-


台車型物流ロボット CarriRo®

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒)は、物流支援ロボットCarriRo®に新機能として「Hybrid SLAM」を搭載します。

これまでCarriRo®はVisual Trackingという方法で、ランドマークと呼ばれるシールを床面に貼付け、印刷されている二次元コード上の走行指示情報を認識することで自律走行を実現していました。この方法は、簡便にルートの設置や変更が可能、またタブレットを用いて特定地点での走行指示も柔軟に変更ができるという、従来のAGVや自動搬送ロボットには実現が難しい新しい用途や付加価値を提供してきました。一方、導入現場においては、ランドマークの設置が困難なフォークリフトが頻繁に行き交う場所や、特殊な路面環境などがあること、また極端に狭い通路や高精度での位置決めが求められる場所もあり、そのような環境においてCarriRo®を活用したいというご要望をいただいております。

それらのご要望をもとに、「Hybrid SLAM」という新しい自律走行の方式を確立いたしました。それは、他のAGVや自動搬送ロボットで使われるライントレース技術やSLAM技術をCarriRo®の自律走行の方式に組み合わせることで、他の走行方式のメリットを取り込み、上記課題を解決するというものです。この機能の搭載により、工場や倉庫などの屋内環境において、環境上の制約を受けずにあらゆる搬送シーンでご活用が可能となり、さらなる製品の汎用性向上につながるものと考えております。

本機能は、8月19日午前10時~10時45分にオンラインにて開催されるZMP Worldにおいて機能、リリース時期、価格などの詳細のご紹介、また実機でのデモンストレーションを発表します。また、製品発表時に早期導入時の特典も併せて公表致しますので、ぜひご参加ください。

【ZMP World 2020 開催概要】
テーマ:『Robot Life(ロボットライフ) -人とロボットの共生による安全で楽しい生活の創造-』

ZMP World 2020 (セミナーイベント)
開催日時: 2020年8月18日(火)~20日(木)10:00~18:00
参加費:無料
イベントページ:https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020

【物流支援ロボットCarriRo®について】
物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPが開発に取り組む自動タクシー®のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計約200ユーザーの導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。

・製品Web URL: https://www.sanei-sho.com/product/6140.html
製品紹介動画 https://youtu.be/JlclILM6cmw​​​​​​​

【製品価格】
以下は、現行モデルの価格となり、本機能の搭載モデルの価格は別途公表します。
CarriRo® FD(追従モデル):5年リース 月額34,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD(自律モデル):5年リース 月額52,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD(外部入出力機能搭載モデル): 5年リース 月額58,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD+ (台車タイプ):5年リース 月額73,000円(税別)/ 1台
(パレット積載タイプ):5年リース 月額82,000円(税別)/ 1台

【主な仕様】

CarriRo®

FD,AD

本体重量
55kg
大きさ
幅65cm×奥行93cm×高さ24cm ※ハンドル部96cm
最大積載荷重

150kg

最大速度

6km/h(カルガモモード)、3km/h(自律移動モード)

※FDは自律移動モード搭載しておりません。

牽引力
300kg相当 ※路面状況や台車の状況によります
充電時間
2時間半
稼働時間
8時間 ※稼働状況によって異なる可能性があります
CarriRo® AD+
本体重量

台車タイプ:約56kg(ウェイトを除く)

パレット積載タイプ:約60kg

大きさ

台車タイプ:幅65cm×奥行93cm×高さ24cm ※ハンドル部96cm

パレット積載タイプ:幅65cm×奥行93cm×高さ29cm

パレット台車連結時:幅135cm×奥行135cm×高さ35cm

最大積載荷重

200kg(台車タイプのみ)

最大速度
時速3km(自律移動モード)
牽引力
600kg相当 ※路面状況や台車の状況によります
充電時間
2時間半
稼働時間
8時間 ※稼働状況によって異なる可能性があります

2020年8月18日 | | トラックバックURL | コメント(0)

物流支援ロボットCarriRo®、LIXILビバ物流センターにて活用

-人手不足、物流機能の効率化を目的とし、6台の導入で搬送作業の3割を省人化-​​​​​​​

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)が販売している物流支援ロボットCarriRo®は、大手ホームセンター株式会社LIXILビバ(埼玉県さいたま市、代表取締役社長兼CEO:渡邉 修)の物流拠点である東松山物流センターにおいて導入されました。搬送作業の効率化及び省人化を目的として、2019年9月より計6台導入され、活用されています。CarriRo AD(自律モデル)5台は出荷仕分け用のソーターから出荷バースまでの自動搬送、CarriRo FD(追従モデル)1台はコンテナの洗浄のための搬送作業で使用されています。

​​​​​​​
CarriRo® ADが荷物搬送で往復している様子

株式会社LIXILビバ(https://www.vivahome.co.jp/corporate_top/)は、スーパービバホームなどのホームセンターを展開しており、首都圏など大都市圏での出店加速に伴う人手不足への対応、物流コストの軽減、物流機能の効率化を進めています。

CarriRo®を導入してから約1年間経ち、主な特徴並びに導入効果として以下の3点を挙げられています。
1. 作業者が自らルートを設計できる
ルートの設置方法が容易なため、庫内のレイアウト変更に止まらず、作業の効率を担保するための作業変更、ルート変更を作業者自らが対応できる。

2. 作業者が能動的に改善活動を実施できる
構造や操作方法がシンプルなため、搬送時のアタッチメントの工夫・改善(自作)、使用頻度を上がるための工夫改善、多用途の使い方の工夫等、作業者が自ら実施するようになった。

3. 歩行距離の短縮
上記1、2の効果によって、結果的に歩行距離が縮まり、作業生産性の向上が見られた。導入直前の数値と比較し、直近で20~30%の人員削減の効果が出た。

今後、現在の改善活動を継続し、使用用途の拡大にもチャレンジし、本機の垂直・水平の用途拡大をしたい、とコメントを頂いております。

また、本事例につきましてはオンライン形式で2020年8月18日(火)から28日(金)まで開催するZMP World 2020にて講演いたします。講演へのお申込みは、事前予約制となります。物流無人化の最前線の取り組みを知る新たな機会としてご活用いただければ幸いです。

【導入事例ページ】https://www.zmp.co.jp/carriro/casestudy/detail_lixilviva​​​​​​​

【ZMP World 2020 開催概要】 
テーマ:『Robot Life(ロボットライフ) -人とロボットの共生による安全で楽しい生活の創造-』

ZMP World 2020 (セミナーイベント)
開催日時:2020年8月18日(火)~20日(木)10:00~18:00
参加費:無料
イベントページ: https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020

ZMP World 2020 デモウィーク
開催日時:2020年8月24日(月)~28日(金)  9:30~17:00
会場:キャリロイノベーションセンター(〒135-0051 東京都江東区枝川3丁目11-10月島倉庫4F) 他
参加費:無料
イベントページ: https://www.zmp.co.jp/event/zmpworld2020/demoweek

【物流支援ロボットCarriRo®について】

物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPが開発に取り組む自動タクシー®のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計約200ユーザーの導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。
・製品Web URL: https://www.sanei-sho.com/product/6140.html
・製品紹介動画: https://www.youtube.com/watch?v=dkfvVXNdaCU

【CarriRo® 価格】
CarriRo® FD(追従モデル): 5年リース 月額34,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD (自律モデル):5年リース 月額52,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD+  (台車タイプ):5年リース 月額73,000円(税別)/ 1台
(パレット積載タイプ) : 5年リース 月額82,000円(税別)/ 1台

【主な製品仕様】​​​​​​​

CarriRo®

FD,AD

本体重量
55kg
大きさ
幅65cm×奥行93cm×高さ24cm ※ハンドル部96cm
最大積載荷重
150kg
最大速度

6km/h(カルガモモード)、3km/h(自律移動モード)

※FDは自律移動モード搭載しておりません。

牽引力
300kg相当 ※路面状況や台車の状況によります
充電時間
2時間半
稼働時間
8時間 ※稼働状況によって異なる可能性があります
CarriRo® AD+
本体重量

台車タイプ:約56kg(ウェイトを除く)

パレット積載タイプ:約60kg

大きさ

台車タイプ:幅65cm×奥行93cm×高さ24cm ※ハンドル部96cm

パレット積載タイプ:幅65cm×奥行93cm×高さ29cm

パレット台車連結時:幅135cm×奥行135cm×高さ35cm

最大積載荷重

200kg(台車タイプのみ)

最大速度

時速3km(自律移動モード)

牽引力

600kg相当 ※路面状況や台車の状況によります

充電時間
2時間半
稼働時間
8時間 ※稼働状況によって異なる可能性があります

2020年8月18日 | | トラックバックURL | コメント(0)