省エネ法・省エネ・メンテ情報

減産対策にもコンプレッサーで、省エネと経費削減!

「減産対策にもコンプレッサーで、省エネと経費(コスト)削減!」

激変ともいえる景気悪化が続いています。それに伴い、「稼動率低下」「設備投資が減少」等、暗いニュースが毎日のように舞い込んできます。

しかし、弊社では、今後の景気の増減を考える上で、「減産対策にもコンプレッサーで、省エネと経費削減を」と考えています。

■コンプレッサーにおける「省エネ・経費削減」のメリットは、

  • 台数制御
  • 負荷に応じて消費電力量を調整してくれる(インバータ機)
  • コンプレッサーの消費電力量は、工場全体の2〜3割に相当するため、消費電力量が大きい
  • 費用対効果が大きい場合が多い(2〜3年で回収できる場合が多い)
  • 消費電力量を減らすことはコスト削減&環境面からもメリットが大きい
  • 資金面での優遇も(環境対策や融資など)

しかし、間違った使い方をしてしまうと、無駄な電気代が発生し、コスト増大になることもあります。
生産に合わせた適切な使い方をしているか、それが、今後のコスト削減のカギになってくるでしょう。

では、コンプレッサーの適切な使い方を把握するにはどうしたら良いのか?
それは、弊社が行っている「スピーディ省エネ診断」をしてもらうことが一番早いと思います。
この診断には、稼働しているコンプレッサーを測定することにより、消費空気量や負荷率を測定。
貴社がコンプレッサーを無駄なく稼働しているかが分かります。