省エネ法・省エネ・メンテ情報

コンプレッサーの点検・メンテをいつしたか覚えていますか?

メンテナンスは重要です
2009年全国安全週間が7月1日から始まります(7月7日まで)。今年のスローガンは「定着させよう、『安全文化』 つみ取ろう職場の危険」です。このスローガン、コンプレッサーのメンテナンスにも当てはまります。実は、コンプレッサーのメンテナンスを怠ると、カーボン(潤滑油の劣化、炭化物)堆積などによる発火・爆発が起きたり、または、思いもよらない工場停止になったりします。工場・事業場のコンプレッサーによる危険をなくし、そして余分に電気代を払わなくてもいいように、メンテナンスの認識を深めていただけたらと思います。

コンプレッサは、工場を支える重要な設備。

コンプレッサは、意外に電気代が高い。

このサイトでも何回も説明していますが、工場の消費電力の約20〜30%をコンプレッサーの消費電力が占めているのです。

コンプレッサーは過酷な運転をしています。

平均4000時間/年以上働きます。これは、車に換算すると、年間走行距離16万km/時速40kmにも相当します。