省エネ法・省エネ・メンテ情報

こんな時は、メンテナンスが必要です!

■「妙な音、振動だな」と感じた時。

普段のコンプレッサの音・振動を覚えていますか?

■「熱い」と感じた時

普段のコンプレッサの温度を覚えていますか?

■「焦げ臭い」と感じた時

変なにおいはしませんか?

■「油を食うな」と感じた時

油量の管理をしていますか?

■「能力が落ちたな」と感じた時

■普段より、運転するコンプレッサーの台数が増えていませんか?

■末端の空気使用圧力は下がっていませんか?

■「いつ点検したかな」と感じた時

点検記録はつけていますか?

■「電気を食うな」と感じた時

点検記録はつけていますか?

圧力容器(タンク)には寿命があり、点検が必要です。
第二種圧力容器に該当する圧力容器(タンク)は、「労働安全衛生法:ボイラー及び圧力容器安全規則 第88条」にて、お客様による第二種圧力容器明細書(原本)の保管、定期自主検査(*)が義務づけられています。自主検査を怠ると、サビによる減肉などにより破損・破裂や重大事故の危険があります。

*本体の損傷の有無、ふたの締め付けボルトの摩擦の有無、管及び弁の損傷の有無。