コンプレッサー・圧縮空気ブログ 

窒素発生装置とは

お久しぶりです、常務取締役の石間です。引き続きサッカーにドハマりしております。

近頃はYoutubeやDAZNに、様々なサッカーの良質な情報が上がっていると感じます。

 

・DAZON 内田篤人のfootballtime
選手目線で海外サッカーを解説していて、海外リーグでの選手しかわからない情報を交えて教えてくれたりする。

・中村憲剛の5レーンの解説
川崎フロンターレがなぜ強いのか、ポジショニングの大事さをわかりやすく教えてくれる。
サッカーの見方がプレーの素晴らしさだけでなく、選手同士のポジションの上手さなど、もう一段深くなり、
より楽しめてサッカーを見れるようになった。

・ドリブルデザイナー 岡部さん
年をとって、なかなか人をドリブルで抜けなくなったなーと思っていたが、体の重心のコツや、ステップなどの
テクニックを詳しく解説してくれるので、少しドリブルが上達した。気がする。

・ビーチフラッグ世界2位の和田さん
ビーチフラッグでの走り方を詳しく教えてくれます。サッカーでは10mぐらいを素早く走る力も重要になるので、
意識して走るようにしています。

 

という感じで完全にはまってます。

動画を見て試しては、もう一度動画を見て、また試してと、まるで少年のように練習しています。

 

プライベートはこんな所にしておいて、弊社の納入実績で最近増えてきているのが、窒素発生装置です。

業種問わずお問い合わせがあります。

 

先週の川端君のブログでも書きましたが、食品関係のお客様に納入させていただきました。

「海外へ輸出する際に、酸化防止のために窒素を入れたい」というお話をいただき、

コンプレッサー・配管・タンク・窒素発生装置等々、すべてのシステムをトータル提案させていただきました。

 

また、他にも医薬品工場・化学工場等でも窒素のお話があり、5㎥や9㎥級の大型タンク・コンプレッサー・

窒素発生装置、置き場の小屋などまで、トータル提案をさせていただきました。

9㎥のタンクというと、胴回り1.8m×高さ4m程で2.5トンにもなります。

モノが大きいので、工事に無理がかからないよう、安全安心に工事を段取りしていきたいと思っています。

 

ちなみに、最近の窒素発生装置(PSAというタイプ)の原理は、コンプレッサーで作った力の強いエアーを

窒素発生装置の内部の吸着槽に送りこみ、酸素を吸着させ、窒素ガスを取り出すことで窒素濃度をあげる

仕組みです。不思議な現象ですよね!

また、最近の窒素発生装置は窒素を使う量が少なくなると、エアー量を少なくしてくれる省エネタイプが主流です。

昔は省エネタイプがなかったので、窒素発生量が減ってもエアー量は減らず、ムダな電力を消費していることも。。

窒素発生装置の更新をお考えの皆様は、是非省エネタイプを検討してみてください!

 

常務取締役 石間

#サッカー #ボール蹴りたい #熱中 #YouTube #DAZN #日々研究 #少年のようだ #三栄商会
#サンエイエアー #窒素発生装置 #おすすめ商品 #PSA方式 #省エネタイプ #コンプレッサー #配管
#タンク #トータルコーディネート #食品関係 #医薬品工場 #化学工場 #安全安心 #大型工事
#新規導入 #更新 #エア配管 #省エネコンサル #省エネ診断 #コンプレッサ

2021年4月22日 | 社員ブログ | トラックバックURL | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です