よくあるご質問

Q. エアードライヤーを取付けているのに水が出るのですが・・・

A.

エアードライヤーを取り付けているのに、工場のエアーラインに水が出る時があります。
それは、冷凍式のエアードライヤーを取り付けている場合です。
冷凍式のエアードライヤーは、一般的に圧力露点が10℃以下です。
通常は圧縮エアーのラインにはドレンは出ません。
ところが、冷凍式ドライヤーで冷やした10℃以下になるエアー配管がの箇所がある場合(工場棟と工場棟の間の露出配管など)、外気が冷凍式ドライヤの露点以下の温度に配管がなった場合(例えば1℃)、その分わずかですが、ドレンが発生します。

この防止方法は、
■露出配管に保温材を巻く。
■もっと露点の低いドライヤー、例えば吸着式のドライヤーを部分的に使用する。

この2点になります。
当店でも保温材や吸着式エアードライヤーを取り扱っておりますので、
お気軽にお問い合わせください。