• ホーム
  • よくあるご質問

Nm3 (ノルマルリューベ) と m3 (リューベ) の違い

今回は、空気量の単位の話をしたいと思います。
 
圧縮空気機器のカタログの仕様書を見ると、
空気量は
「Nm3」「m3」のどちらかで表示されています。
この2つの単位の違い、分かりますでしょうか?
 
まず、Nm3とm3とでは、基準となる空気の状態が違います。
 
空気量というのは、圧力・温度・湿度によって空気量が違ってきます。
ボイル・シャルルの法則により、圧力が倍になれば、半分になってしまいます。
また、湿度が低いヨーロッパと高温多湿の東南アジア、海岸沿いと山頂とでも空気量は違ってきます。
 
従って、圧力や温度、湿度に左右されない実量を表示する単位が必要となります。
それが「Nm3」です。
 
 

■『Nm3』ノルマルリューベ
N   :ノルマル(=ノーマル、標準)
m3:リューベ(立方メートル)
の略で、標準(基準)状態の空気量になります。

 
①基準空気とは、「大気圧(1.0332Pa)」、「0℃」、「乾燥空気」をいいます
②基準空気の表示は、「N」又は「NTP」で表示します
③容量表示例は、「10Nm3/min」又は「10NTPm3/min」
(基準空気表示は、空圧機器、化学機械、ドライヤ等がよく使用します)
 
海外メーカーなどは、こちらの単位を使うことが一般的です。
 
 
 

■『m3』リューべ
m3:リューベ(立方メートル)
汎用圧縮機の容量表示条件で、「大気圧(1.0332Pa)」、「30℃」、「75%」をいいます。

 
国内メーカーの圧縮機に関しては、実吐出量でカタログ・仕様表示してありますが、
これは、圧縮機の吐出量を吸込状態(圧力、湿度、温度)に換算した空気量になります。
福井 三栄商会 Nm3(ノルマルリューベ)とm3(リューベ)の違い
 
また、換算式もあります。
 
◎換算式(概算)
・基準空気量(Nm3)=汎用圧縮機の容量×0.87
・汎用圧縮機表示容量=基準空気量÷0.87
 
◎換算方法(正規)
福井 三栄商会 Nm3(ノルマルリューベ)とm3(リューベ)の違い
 
▲計算例
大気圧(1.0332Pa)、温度30℃、湿度75%、10m3の空気をNm3に換算すると
福井 三栄商会 Nm3(ノルマルリューベ)とm3(リューベ)の違い