広範囲の加湿

用途 :
加湿
ポイント :
加湿
メーカー名 :
日動工業株式会社

広範囲の加湿

工場の広い範囲の加湿


現状:石川県の繊維会社様にて加湿に関する困り事

CF-290N導入事例

こちらでは、工場内の織機にて、乾いたエアーが広範囲で常時排出されるため、

常に膨大な量の加湿をする必要があり、加湿器の消費電力が大きいため困っていました。

約12,000㎡の工場内を加湿するために、9台の加湿器が稼働してします。

30年以上前の加湿器を使用しているため、電気代は年間300万円程かかっています。

 


ありたい姿:少ない投資で湿度40%以上かつ省エネになるものがないか

お客様は長年、省エネと加湿の両立にとても悩まれておりました。


課題:一般的な加湿器は高額・能力不足・広範囲に加湿できるものがない

現状の湿度40%以上を確保しつつ省エネを実現したい。

工場内の面積が広く、一般的な加湿器では能力不足

このお客様の要望を聞いたときに、ふと、北陸ワコール様の事例が思い浮かびました。

北陸ワコール様の加湿事例


打ち手:そこで、北陸ワコール縫製様の実績をいかしてCF290Nをご提案

本来は、夏場に使う、冷風扇での活用がメインですが、北陸ワコール様との検証により、加湿に使える事も判明しました。


加湿能力:CF290Nは、5L/Hrの水を気化させることができます。

消費電力:0.3kW/台しか使わず現状の加湿器の約9分の1と、かなりの削減です。

広範囲:ファンがついているので広範囲に加湿をする事ができます。

低投資:73,000円/台

 

CF-290Nメイン画像

デモの実施と導入

まずは、デモ機を設置し、加湿器を止めて湿度を保てるか検証しました。

湿度に変化がなかったため古い加湿器を撤去してCF290Nを13台設置しました。

設置する際、吹き出し口が織機に当たらないように、高くする必要があったので、

架台を弊社にて製作して設置しました。

(加湿器・CF290Nの設置場所)

加湿器・CF290Nの設置場所

改善効果

湿度を40%以上保ちつつ消費電力の削減に成功

・26kW→4.3kW →250万/年削減

・受電電力の最大電力を約20kW削減できたため

 →50万円/年削減

(※減価償却費は考慮せず)

熱中症・加湿・湿度計貸出