コンプレッサー・圧縮空気ブログ 

無人フォークリフトCarriRo® Fork、新型リーチタイプ受注開始

-狭い場所でもリーズナブルにパレット搬送を完全無人化。5月より出荷開始-
-2月19日~21日、国際物流総合展2020 – INNOVATION EXPO -にて製品紹介、動画公開-

​​​​​​​
無人フォークリフトCarriRo® Fork(リーチタイプ)

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、無人フォークリフトCarriRo® Forkの製品ラインナップとして、新型リーチタイプの受注を開始しました。

近年、EC市場の拡大に伴う物流倉庫の新設、労働力不足といった環境変化に伴い、フォークリフト作業の省人化は多くの物流事業者にとって喫緊の課題となっており、無人フォークリフトの活用はそのためのソリューションとしてニーズが一段と高まっております。

2019年10月から販売を開始しているウォーキータイプについては、①導入前の床面工事の必要がない、②簡便なルート設定、そして③リーズナブルな価格で導入できるという点で、CarriRo®シリーズのコンセプトである、「様々な環境で活用できる汎用性」、「導入しやすい」という点を引き継ぎ、多くのお客様にご好評いただいております。

その中で床面に直接置かれたパレットの搬送、及び倉庫内の通路幅の狭い環境でも活用できるリーチタイプでの無人フォークリフトでの開発のご要望を多くいただき、今回の販売開始にいたりました。新型リーチタイプは本日より受注開始、2020年5月より出荷開始となります。

製品の詳しいご紹介は2020年2月19日(水)から21日(金)まで東京ビッグサイト・西1・2ホールにて開催される「国際物流総合展2020 – INNOVATION EXPO -」の特設ショータイムにて公開いたします。本新製品情報公開の他、パレット搬送完全無人化を実現できる製品として無人フォークリフトCarriRo® Fork(ウォーキータイプ)、物流支援ロボットCarriRo®AD+(自律移動モデル重量版)パレット積載タイプを出展し、デモンストレーションを行います。

【展示会情報】国際物流総合展2020 – INNOVATION EXPO –

開催日程:2020年2月19日(水)~21日(金)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 西1・2ホール ブースNo: 1V-28
特設サイト:https://www.zmp.co.jp/event/carriro/logitech-2020

会期中、CarriRo® ForkとCarriRo® AD+の連携デモンストレーションなどを実施いたします。
各日開催時間: ①11:00~ ②13:00~ ③14:00~ ④15:00~ ⑤16:00~

 

【無人フォークリフトCarriRo® Fork】

無人フォークリフトCarriRo® Forkは、自動運転技術を活用したレーザー誘導方式で自律移動とフォーク(上下)の自動制御により、物流倉庫や工場内の搬送作業の無人化を実現できる製品です。簡単なセットアップで作業エリアの事前マッピングから運用開始まで数日で実現できることが特徴で、喫緊の課題となっている労働力不足を軽減して産業の発展に貢献します。

【製品Web URL】 https://www.sanei-sho.com/product/agv/
【製品紹介動画】 https://youtu.be/hdxuivP32a4
※動画はウォーキータイプ製品となります。

【価格情報】
CarriRo® Fork(リーチタイプ):5年リース 月額33.8万円(税別)~
※買取も提供します。また価格は今後予告なく変更となる可能性があります。

【製品仕様】

CarriRo® Fork

(リーチタイプ)

本体寸法
全長2307mm×全幅1250mm×全高2415mm
フォークリフトタイプ
リーチタイプ
可搬重量
~1400kg
最高速度
無積載時4.2km/h, 積載時3.6km/h
移動精度/停止精度
±20mm/±20mm
車両重量
2800kg
安全機能
レーザーセンサー、バンパセンサー、緊急停止ボタン

※今後変更される可能性もございます。

2020年2月14日 | | トラックバックURL | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です