コンプレッサー・圧縮空気ブログ 

CarriRo® AD+、ライントレース機能搭載モデル3月より出荷開始

―狭い通路や高精度位置決めを実現し、活用エリアを一気に拡大-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、物流支援ロボットCarriRo® AD+(自律移動モデル重量版)ライントレース機能搭載モデルを、3月より出荷開始します。


CarriRoAD+パレット積載タイプがライントレーステープ上走行している様子

これまでのCarriRo AD+ではVisual Trackingという方法で、ランドマークというシールを床面に貼付け、印刷されている二次元コード上の走行指示を認識することで自律走行を実現していました。この方法は設置、貼り替え作業が簡単で、レイアウト変更や複雑な動作、高度な運用にも対応できるという大きなメリットがありますが、単純な直進や停止時の精度では一般的な磁気テープ式のAGVのほうが優れているという面があります。

一方、CarriRoをご検討いただくお客様からも、活用の幅を広げるため、より狭い通路での走行や、高精度での位置決めをしたい、というご要望をいただいており、この度通常のランドマークと併用してご使用できるライントレース機能を搭載しました。

ライントレース機能は、ランドマーク上の二次元コードを長いテープにプリントしており、そのテープを床へ簡単に設置することで、走行の直進性及び精度の向上を実現します。想定利用シーンとしては以下となります。
①通路幅が1m程度の極端に狭い通路を走行させたい場合
②自動移載などが必要な際に、高い停止精度が求められる場合
③牽引の自動脱着などでバックをさせる際に、高い直進性が求められる場合

通常はランドマーク上で走行し、局所的にこのような利用シーンでライントレース上で走行可能機能と組み合わせることでハイブリッドな自律走行ができます。両者のメリットを取り込み1台の物流支援ロボットで様々な現場にてより活用できるようになります。

本機能は2021年3月からCarriRo AD+の標準機能として出荷を開始します。ラインテープは別売りとなりますが、本体部分は従来価格から据え置きです。また、実機はCarriRo全国導入説明会にてご覧いただけます。

【CarriRoイノベーションセンターについて】

同センターは、2020年6月より物流無人化ソリューションを一同に集めたショールームとして、東京都枝川に開設されました。台車型物流支援ロボット「CarriRo」シリーズ、無人フォークリフト「CarriRo Fork」をはじめ全機種の実機デモを常時実施しています。

【物流支援ロボットCarriRo 全国導入説明会 特設ページ】

​​​​​​​【物流支援ロボットCarriRo®】

物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPが開発に取り組む自動タクシー®のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計200ユーザー以上の導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。

​​​​​​​製品Web URL  https://www.sanei-sho.com/product/6140.html

製品紹介動画 https://youtu.be/JlclILM6cmw​​​​​​​

【製品価格】
CarriRo® FD(追従モデル): 5年リース 月額34,000円(税別)/1台
CarriRo® AD(自律モデル): 5年リース 月額52,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD(外部入出力機能搭載モデル): 5年リース 月額58,000円(税別) / 1台
CarriRo® AD+ (台車タイプ): 5年リース 月額73,000円(税別) / 1台
(パレット積載タイプ): 5年リース 月額82,000円(税別) / 1台

【主な仕様】

本体重量
55kg
大きさ

幅61cm×奥行91cm×高さ24cm

※ハンドル部96cm

最大積載荷重

FD・AD:150kg

AD+:200kg

最大速度

時速6km(ドライブ、追従モード)

時速3km(自律移動モード)

牽引力

FD・AD:250N (300kg相当)

AD+:600kg相当

※路面状況や台車の状況によります。

充電時間
2時間半
稼働時間

8時間

※稼働状況によって異なる可能性があります

2021年1月26日 | | トラックバックURL | コメント(0)